関西学院同窓会について

関西学院同窓会 会長挨拶          

         

2020年から新型コロナウイルスが感染拡大し、既に3年続いております。羅患された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに一日も早い平穏な生活に戻れますよう心よりお祈り申し上げます。

今年、関西学院は創立134年目を迎え、同窓生も26万人を超え日本有数の規模となってきています。同窓会の活動拠点も国内90ヶ所、海外29ヶ所に広がっており、今後のグローバル化の流れを見れば、世界各地にその活動範囲を広めざるを得ないこととなるでしょう。

母校関西学院は、2021年4月から新たな時代に向けて教育・研究の価値と魅力をいっそう高めるべく神戸三田キャンパスに理学部・工学部・生命環境学部・建築学部を新設し総合政策学部と合わせて5学部体制となりました。また、2022年9月、神戸三田キャンパスに新校舎「Ⅷ号館」が完成し、「Kwansei Grand Challenge 2039」の長期戦略の一つとして関西学院の発展へと導いていくでしょう。

一方、同窓会では、コロナ禍により3年余りも多くのイベント等が中止となりオンラインやハイブリッドでの開催となりましたが、昨年の11月には一大イベントであるホームカミングデーを関西学院同窓会と学校法人関西学院共催で開催することができました。 コロナ禍ということで人数の制限がありましたが、従来の周年の同窓生だけではなく、若手ファミリー層もご家族で楽しめる内容となりました。また、今年度も各団体、支部の役員幹事の皆さまが同窓生のために企画やイベントを考えておられます。本部としても支部総会や地域別フェスタのように年代関係なく集う会、若手同窓生を対象にしたYouth Reunion、ファミリー層の子育てセミナー等の様々な同窓会活動を展開していきたいと思います。 引き続き、同窓会活動へのご理解と温かいご支援をお願い申し上げます。

             2023年1月

関西学院同窓会 会長

西名 弘明

1968年(昭和43)年大経
PAGE
TOP